今のリアル中国を知るWEBメディア 

She STORY

インフルエンサーは仮の姿〜NUESE人材コンサルタント 加藤彩子

彩子さんはSNS上で非常に人気のある日本人女性up主(動画クリエーター)です。ファンからは「中国に住む北川景子」や「日本の童瑶」と愛されています。中日バイリンガルで、高学歴、容姿端麗、努力家かつ向上心もあります。

この経歴を見た一般女性はおそらく、「私も彼女のように美しければ、堂々と歩いていけるのに!」と思うことでしょう。しかし、かつての彩子さんは「自己肯定感」や「自己評価」が高くありませんでした。

家庭内暴力の苦しみから幸福を取り戻すまで

専業主婦から多様な分野で活躍する女性になるまで

従順な娘から中年の反抗期に至るまで

各々の選択には、彩子さんの心の奥に隠れた一種の認識がありました。自分自身が一筋の光となって生きること!この光は生い立ちの苦悩、家庭内暴力の暗闇、職業選択といった迷いを超え、彩子さんの進むべき道を照らし、一歩一歩導いています。

前だけを見て、決して後ろを振り返らない!

1: 初婚は24歳~DVを乗り越えて

Q: 私は「我住在这里的理由(私がここに住む理由)」にあなたが出演したエピソードを見ました。太陽の下、窓際で一緒に絵本を読むご主人と息子を見つめて、あなたは涙しました。今、そのシーンを振り返ると、家族の幸せを大切にする人だと感動します

A: 24歳で結婚、25歳で離婚し、現在は2度目の結婚生活を送っています。20歳の私は、いわゆる「安定志向」で、業務量が少なくて、給料が高く、福利厚生が充実している、ということが私の仕事選びの基準でした(笑)。大学卒業後、私は医療機器会社に就職し、仕事は非常に安定していました。

女の子たちの間には、「早く結婚できたもの勝ち」という競争意識があるようです。仕事中、私は前夫と知り合いました。彼は私と結婚したいと思っており、経済状況と仕事の安定性など当時の私の期待に適っていたため、交際数か月で私たちは結婚。

結婚前は広報室で司会を務めていた

当時の私は「一番早く結婚した」の称号を手に入れるために、深く考えずに行動したため、相手の気性や性格についてほとんど理解していませんでしたが、結婚して一緒に生活し始めると、性格や価値観の面で大きな差があることに気づきました。

彼は怒りっぽく、私を言葉で攻撃し、とても支配的で、私が業務上男性の顧客と食事にいくことさえ、非常に気にしていました。ある日、実際に手を挙げられたことがきっかけで、私は自分が知らず知らずのうちに家庭内暴力、そしてモラルハラスメントに支配されていることに気づいたのです。その日をきっかけに自分をすり減らすのはもうやめると決意し、翌年に離婚しました。

医療機器の営業 MRとして現場に立つ

Q: 新しい幸せを探す際、どのように考え、決断しましたか?

A: 現在の夫とは「結婚・恋愛アプリ」で知り合いました。プラットフォームの仕組みでは、毎日5〜10人の男性がプライベートメッセージを送ってきます。振り返ると、結果的にトータルで50〜100人とコンタクトをとり、対面で10人に会うのに、2か月費やしました。

10人と会って、私は誰と一緒にいるとより快適に感じるか、なぜそれが快適かを分析し、考えるようになりました。現実から得られる結論は、かつて考えていた価値観とは異なることに気づかされ、実際に自分に合う人がどのような人物なのか、初めて認識することができたのです。このプロセスが自分自身と向き合うプロセスとなり、自分の価値観や結婚観を理解する手助けとなりました。

2人目のご主人との結婚式で

再婚時、28歳の私は安定した仕事と収入を持っていて、正直なぜ人生のパートナーなどなくても生きていけるのに、一体なぜ夫が必要だったのでしょうか?それは、結婚によってパートナーがいれば、一人で生きていくより何倍もの幸せや楽しみを得ることができ、苦難を乗り切る力になるからです。24歳の頃とは異なり、私は相手が尊敬に値する人であることを、互いに成就し、成長したいと思っています。

夫は女友達も含めたくさんの友達がおり、私の付き合いを受け入れ理解しています。彼の仕事は非常に大変ですが、家族全体の視点で分業と協力を考えてくれます。

彼は私が委縮して安定した状態に戻ることを望んでおらず、「衣食住は私が保証する、彩子がやるべきは挑戦、成長することだ!」と言いました。彼のサポートがあれば、私は新しい試みに自信を持つことができます。

家族写真

2: 実家での日々は私にとっての修行だった

Q: 過去の出来事から、以前のあなたは自己評価があまり高くなく、抑制的で我慢強く、時には少し劣等感を抱いていたことがわかります。

A: それは私の実家で過ごした幼少期に関連しています。私は三人兄弟の長女で、下に弟と妹がいます。私が生まれたとき、母親は働いており、子供の頃は祖母に面倒を見てもらっていました。私は「母親は働いている、私は母親に手間をかけてはいけない」という意識を持っていました。後に母親はバブル期の不景気のため解雇され、妹は母親によって育てられました。

妹弟はとてもわがままで、母親のエネルギーの大部分が彼らに注がれました。私は特に母親を愛していたので、2人の子供を育てる母の大変さを目の当たりにして、母を満足させ、喜ばれる良い子になりたいと思いました。多くの期待と欲求がありましたが、肯定的なフィードバックはほとんど得られませんでした。この慎重な言葉遣いは、少なからず私の性格の底にある劣等感です。

2022年末、私は中国駐在生活を終えて帰国したばかりで、諸手続きをする都合で頻繁に実家に戻る必要がありました。田舎から出たことがない彼らと、海外を含め好き勝手に暮らしてきた私の間で摩擦が生じ、彼らは私が帰ると「台風が来た」と形容しました。私は37年間にわたる弟への不満や親の教育に対する不満を伝えたことを最後に、1年以上、私は一度も実家へ戻っていません。

親孝行がしたくて父を連れて登山へ

Q: かつてはとても「聞き分けのいい」あなたが、これほど断固とした決定を下すことができましたが、内心では痛みや葛藤があったでしょうね。

A: 母親は私にとって特別な存在であり、彼女の考えを尊重したいとずっと考えていました。彼女の思考は非常に保守的なため、24歳の私は早く結婚し、安定を追求したいと考えました。しかし、2度目の結婚の際、彼氏を探すときは母親には絶対に言わないと自分ルールを定めました。

昨年、完全に故郷を離れ、見えない枷を外した私はこの1年で最も変化しました。しかし、各世代の親はそれぞれの制限を持っていることを理解しています。完璧な親はいません。再び連絡を取り合う契機がいつ訪れるか分からないし、今は私の中年の反抗期かもしれませんね!

趣味のベリーダンス 普段とは違う自分へ変身できることが魅力

3:好きなことで行きていくための試練

Q: 見た目は日本人のようにも中国人のようにも見えますし、性格も典型的な日本人らしくなく、流暢な中国語を話します。これは幼い頃から中国文化に触れていたからですか?

A: 私の故郷は石川県の小さな街で、国際文化に触れる機会はほとんどなく、中国語との縁は不思議なものでした。

子供の頃、私が特に好きだった漫画の一つで、主人公が突然「別死!(死ぬな)」と中国語で言ったことがあり、それがとても格好良く感じました。その時が初めて、中国語を学び、中国文化を知りたいと思った瞬間で、それはまさに若かりし頃の好奇心でした。

北京留学時代の彩子さん

高校生の時、石川県政府が中国の南京市との交換留学プログラムを実施しており、私は中国で5~6日間過ごしました。その頃は思春期で、日本にいるときはあまり話すのが好きではありませんでした。中国の高校では男女の差あまりなく、ごく普通に交流したり遊んだりしていました。中国での経験は非常に心地よく、リラックスできました。私はこの国と国民性に惹かれ、大学で中国語を学ぶことを決めました。神戸大学で中国語の文法を専攻し、大学3年生の時に中国人民大学に1年間留学しました。10年後、夫の仕事のために再び中国に来ました。今回は本格的な生活で、多くの中国の友達を作り、中国語も以前よりも上達し、自分の副業も発展させました。

上海の龍華寺にて

Q: 日本企業の駐在員の奥様とたくさんお会いしましたが、あなたは彼女たちとは異なる印象を受けます。

A: 夫の仕事の関係で、駐在員の奥様方は基本的に2~5年で帰国することが多く、先輩の日本の奥様が新しく来た奥様をこのサークルに誘い入れ、そのサイクルが続いています。私は中国で7年間生活し、中国語ができ、日本人妻サークルの交流も経験し楽しんだので十分でした。同じことの繰り返しの生活は楽ではありますが、私にはそれほどの魅力がありませんでした。時折、疲れを感じることもありました。

新婚旅行ではギリシア サントリーニ島へ

私は中国人の努力し、前向きな仕事への姿勢が大好きで、彼らは条件に制約されず、できる限り変化をもたらす方法を見つけようとします。このような性格は尊敬され、私を引き寄せるものがあります。そのため私には多くの中国の友達がいます。

中国の友達は日本の家庭料理、特に卵焼きを学びたいと言ってくれました。私は試しに中国語で日本料理の動画を作り始めましたが、最初の半年間はフォロワーがわずか40人でした。しかし、アイデアの構築、素材の選定から動画の編集まで、全てを一人で行い、ファンのフィードバックを受けて改善し、ゼロからの挑戦と自主制作を体験し、大きな達成感を感じました。

BiliBIliで13万、SNSそうフォロワー数は25万を超える日本太太PangMama

その後、上海テレビのディレクターと知り合い、その後の《我住在这里的理由(私がここに住む理由)》など、中国とのいくつかの偶然の出会いが、私に好きな事業と進む方向を見つけさせてくれました。

Q: 2022年末に日本に戻り、あなたは新しい事業を開始しました。今後の事業展開をどのように計画していますか?

A: 日本に戻ったばかりの頃、私はビデオブロガーとしてKOL(Key Opinion Leader)を目指すつもりでした。しかし日本に落ち着いてから、それは私が本当にやりたいことではないことに気づいたのです。「ゼロからイチ」を生み出し、ビジネスを作る経験を学ぶべきということに思い当たり、NUESEに入社。中華系人材を紹介する人材紹介を立ち上げるメンバーとして、新しい事業の開発とビジネス運営を担当することになりました。このプロセスで自己の成長を感じ、これが今の私が差し迫って必要としているものだと感じています。

今、私はスポンジのように新しい知識を吸収し続けたいと思っています。今の仕事を始めてからは、自分自身がより積極的で新しいサービスを提供することを望んでおり、チームに貢献すると同時に、未知の自分に挑戦し続けたいと思います。


最後に: NUESEの言葉

取材と記事執筆の過程で何度も涙しました。

なぜなら、彼女の理解力、従順さ、忍耐強い性格が、彼女に代わって辛さを感じさせ、心を痛めさせたからです。

この記事が公開される本日は、彩子さんの38歳の誕生日です。

二度の結婚、二つの国家、二つのキャリア。人生は直線的ではなく紆余曲折です。人生はまた均等ではありません。onとoff、停滞、そして躍進があります。

ダンサーには三つの境地があると言います:

Dance to the beat(リズムに合わせる)

Dance to the music(音楽に合わせる)

Dance to the feeling(感覚に合わせる)

現在の彩子さんは、自分自身のリズムを見つけ、音楽に合わせて自分らしいダンスを楽しんでいるかのようです。

関連記事

PAGE TOP

中国マーケティングや中国SNSについてお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら